スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
tiger_500.jpg

どうもー、皆さん明けましたねー。 今年は一発当ててぇー!!!(横浜市での新年のあいさつ)
そんなこんなで今年は寅年ですよ。 タイガー
↑ のは今年の一般向けに作った年賀状です。
出来あがってみれば虎に見えなかったのが玉に瑕。ガオー

そんなこんなで新年だからってダラダラしてらんないぜ!
120cmは買ってから結局カラッポのまんま置きっぱなしだぜ! ってことで行ってきました

PC025644.jpg

富士山です。 ビューティフォー FUJIYAMA! SUSHI!! GEISHA!!!
目的はもちろん、120cmで使用する素材集めです。 ですが…調子乗って拾いすぎちゃいました。
ここで質問なんですが、皆さんって素材の石とか流木とかって普段どうしてます?
ウチでは置場が無くて床でゴロゴロしてます。 たまに足の小指ぶつけて泣きます。

そろそろ小指がズタボロでもうもたねぇ ってことで、こんなん作りました

P1025894.jpg

適当な杉板やら角材やらを これまた適当に組んで作った棚です。

どうせ石とか置いてすぐ傷だらけになるんだからってことでかなり適当な組み方です。

P1045921.jpg

でも石って結構重いですからね、板が撓んでも困るので補強はしてあります。
一段一段の高さは30cmくらいかな? よっぽどデカイの拾ってこない限りはこれで十分かと。

杉板にステイン塗ってあります。 荒っ木のままでも良いかと思っていたのですが
その状態でニス塗ったら棘が危なそうだったので 一応はサンドペーパーで仕上げてあります。

P1045923.jpg

さて、そいじゃ拾ってきた石を並べてみましょかね。

ででーん と

P1045929.jpg

一番下に並んでるのが親石クラスのサイズです。 30cmくらい。
大体同じような「質感」「色」で揃えて拾ってきたのでそれなりに使えるはず。

一応、ある程度ですがこれから作るレイアウトを思い描きながら拾ってきたので
これだけあれば次に作りたいものの素材は揃った筈です。

P1045932.jpg

いやぁ、スッキリまとまったー。
もうビクビクして小指を庇いながら歩く必要もないdlなぼあなlpwsぁぁぁー!!!(柱にぶつけた)

…ぁぁぁぁぁあと底床関係もボチボチと揃え始めましたよ(涙目)

P1045934.jpg

ソイルが50ℓと軽石が35ℓです。
120cmになるとソイル代も馬鹿にできないっスからね。軽石で出来るだけ上げ底します。

これで残るは水草だけだなー ってところで話は次回。

なんとまぁ、ちっとも良い子じゃなかった僕にもお年玉が送られてきましたよ って話です。
それではまたお会いしましょうー。
水草ブログランキング
スポンサーサイト
素材 | コメント(16) | トラックバック(0)
ブランチウッド水景

「比重が軽く水に沈みにくい」 「投入直後に水カビ発生」 「似たような水景になりがち」
などなどの理由から、おそらく使うことはないだろうと思っていたADAのブランチウッドですが
この度ついに購入してしまいました…

と言うのも、それらの理由が気にならないほどの逸品に出会えたからです
P7223902.jpg

値段は… 安いのか高いのかよく分かりませんが、とりあえずは範囲内です。

それでは早速ご覧いただきましょう。 コチラです

P7223904.jpg

ちなみに入ってる水槽は標準60cm水槽です。 結構デカめ。
横にベタンと寝かせると水槽の端から端までいっちゃいます。

結構似たり寄ったりな品物が多いブランチウッドの中で異彩を放っていました

P7223906.jpg

これならIAPLC出品を視野に入れた水景作りにも十分使えそう。
レイコンでは水景に個性がないと他の沢山の水景に埋もれがちですからね。

それでは試しに練習用水槽にてザッと構想を練ってみます。
先ずは無難な” type-A ”

P7223900.jpg

立ちあがった感じと言い、飛び出た部分と言い、ダイナミックな感じ。

さらに無難な” type-B ”

P7223908.jpg

Aより落ち着き気味なレイアウトに。 トンネルんとこなんか生体の隠れ家に良さ気。

個性が欲しけりゃとことんと!な” type-C ”

P7223910.jpg

こりゃもう水草をどんな風に植栽したらいいんだかサッパリです。 個性的ではあるけども…

クリプトメインでワイルドに行こうぜ な” type-D ”

P7223911.jpg

流木が覆いかぶさった影の部分が広いので陰性メインの水景となりそうです。 ワイルド… か?

とりあえず簡単に置いてみましたがどうでしょうか。
まだこれを使った水景製作の予定はないのでこれからゆっくり煮詰めていこうかと思います。
石素材もウチにごろごろしているのでそれらと組み合わせても面白いかも。

さて、これでしばらく退屈しないですみそうです。



水草ブログランキング
素材 | コメント(17) | トラックバック(0)

”石は自然で拾おう会”

2009/05/25 Mon 19:14

*話が分からない方は前回の記事を参照ください
本日ご紹介いたしますのはこちらの商品、

P5233111.gif

無骨な山石 ” 昇地石 _shoujiseki ” です。
水質をほとんど変化させることなく扱いやすいレイアウト素材となっております。
本日はそれを30㎏ほどご用意させていただきました。 ご注文はWW25ネットショッピングまで~

はい、ダウト。
そんな石は存在しませんし、販売も行っておりませんのであしからず。
いつものことですが採取した石に適当な(産地を文字って)名前をつけて
なんともそれっぽくご紹介してみました。 昇地石。だいたい何処か分かりますよね?

結局なんだかんだで60cm水槽一杯分くらい拾ってきました。欲張りめ

P5233116.jpg

質感的には万天石と木化石を足して2で割ろうと思ったら思いのほか硬くて手を怪我した感じ。
水質に関しては勘です。 測ってません。 手が痛いです。
その2つがほとんど水質を変えないのでこれもそうかなー って。  僕 the 適当!

まだレイアウトでの使用は予定してませんが(水槽空いてない・・・)
とりあえず遊んでみようと思って、以前使ったナイルサンドを乾燥させております。

P5233114.jpg

これが完全に乾いたらストック水槽に敷いて石組遊びを始める予定。

60cmもう一個欲しいなー




 
 
素材 | コメント(19) | トラックバック(0)
「テレビで見るよりずっと軸が太いわねぇー」 でお馴染みの軸太です。テレビ出たことない!

でね、今日はずっと暇だったんでボーっとAJ見てたんですよ(上記は華麗にスルー)
ちなみにこの号なんですけれども。

P3161472.jpg

したらばどうしても流木水景を作りたくなってきました。
最近はずっと石にばっかかまけていたせいか、流木が恋しくてたまらない。もう一緒に流れたい。

なので衝動的に買ってきてしまいました。298円均一のやつ。 どこまでもリーズナブル。

IMGP5135.jpg

見てくださいよ、この紙袋から少し頭を出した流木を。
こんなん小脇に抱えてシャンゼリゼ通りを歩いたらあっと言う間にフェアレディの仲間入りですよ。
フランスパンを小脇に抱えた淑女にも負けない優雅さ。アフタヌーンティとか飲みたい。

でもまぁ、中身は流木。 だって流木買いに行ったんだもの。

IMGP5136.jpg

あんまり面白味のない物ばかりですが、今回はこれで良いんです。
予算も関係ないとは言えませんが、今回はむしろこれが良いんです。僕に考えがあります。

と言う訳でとりあえず沈めて準備に入るとします。

IMGP5286.jpg

画は出来てる。 あとは形にするだけさ。
久々の新素材にテンション上がってきました。歌とか歌っちゃいます。オーシャンゼリゼー♪









 
素材 | コメント(18) | トラックバック(0)

名前をつけてやる!

2009/01/25 Sun 19:21

万天石、龍王石、青龍石、山谷石、八海石…

世の中には沢山の名だたる石がありますが、今回ご紹介するのはその中でも
巷で話題の ”陽流石” にスポットを当ててみようと思います。

2008-12-09-017.jpg

若干うす赤っ茶けた感じの柔らかめの石です。 欠けやすくゴツゴツした感じが
山岳系のレイアウトに向いてるのではないかと思われます。

ADAギャラリーでも最近は赤系の石を素材としたレイアウトが注目されつつありますが、
意外と水草の緑とも合っていて扱いやすい素材かと思われます。

2008-12-09-015.jpg

試しに手持ちの石を使って石組練習をしてみることにしました。

60cmスタンダード水槽に手持ちのナイルサンドを敷きます。

2008-12-09-018.jpg

量が一袋分しかないので盛り土感は出ませんが、
それでも大まかなレイアウトの仮組くらいにはなるかと思います。

手を真白にしながら試行錯誤してやっと大まかなレイアウト構想ができました。

2008-12-09-099.jpg

地が平たんなのでいまいち感じがでませんが、
左の親石と右の平べったい石で凹構図を作ってみました。

底床はソイルにして、前から
キューバ、ヘアグラ短、グロッソ、テネルス、ヘアグラと植えたいと思います。



えー… ここまで当たり前のように”陽流石”とか言ってきましたが、
んなもんは存在しません。 ググっても、ヤフっても無駄です。ヒットしません。

って言うか、まぁ、実際にググったり、ヤフったりすれば真実は明らかになるかと思われます。

「巷で話題の!」 とか、「これが噂の!」 とか、そんなん簡単に信じちゃいけないよ?






 
素材 | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。