スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ついに! つーいーにー!

初めて生体をネットで注文しました。 器具でも水草でもなく、”生体”をです。

なんかもう、水槽レイアウトの準備も整っていないのに、水が安定してきたら我慢できなくなりました。

2_20080521222723.jpg

死着の心配とか色々在りますが、取り敢えず信頼できそうな店だし、
近所の熱帯魚屋には無い種類なので、思い切って注文しました。

この写真じゃちょっと遠くて、何を注文したのか分からないですね。
じゃ、ちょっと寄ってみましょうか。

1_20080521222727.jpg

おおっと、これ以上は見せられません。
あとは現物が届いてからのお楽しみってことで。

とりあえず無難ではない種であることは確かです。 賛否両論でそうな感じです。

あーもー、今から楽しみと不安でドキがムネムネしてます。
明後日か!? 明後日には届くのか!?


(くまおさんから回ってきたバトンに答えました! ”続き”からドウゾ)


にほんブログ村 観賞魚ブログへ ←観賞魚BLOGリンク
>>続きを読む・・・
買い物記録 | コメント(6) | トラックバック(0)

さり気なく25×25全員集合

2008/05/20 Tue 21:38

新規30×30水槽はモスの活着待ちでやることがないので、
暇つぶしに25×25の背面ガラスをミスト加工してみました。 あ、もちろんシートで。

CA340001.jpg

↑after

PA0_0007 (3)

↑before

いやぁ、印象が全然違いますね。 明るくなりました。

いろんな人のレビューを見て思ったのが、
くもりガラスシートの模様は細かくて透明度が低いほうが良いってことでした。
その方が裏の配線も見えにくいし、光の具合も淡くて良い感じです。

この加工はみんなにやってもらいたい位お勧めですね。
とにかく簡単だし、資金も全然掛からないし、印象もガラっと変わります。

「ウチは両側から見える場所に水槽を置いてるから」って人以外は断然お勧め。 これまじイイっス!


にほんブログ村 観賞魚ブログへ ←観賞魚BLOGリンク
DIY (自作) | コメント(4) | トラックバック(0)
30×30にパイロットとしてヤマト5匹を投入。
なんとか全員無事で、これからの水質安定に一役買ってくれそうです。



よし、水質のことはヤマトに任せて僕は水槽レイアウトの準備を進めよう。

ちなみに僕は今回の水槽で水草に初挑戦しようと最初から決めていました。
でも色々と調べていくうちに少しずつなけなしの自信を削がれていきまして、
気付けば僕には「・・・まぁ、最初だし、簡単そうなの単独で育てるくらいでよくね?」程度の自信しか
なくなっていました。 なんか気付けばプライドとかも一緒に削がれてしまった気がします。オヤ?

さ、さ、さ、さぁ! 気を取り直して準備を進めましょう。

CA340001_20080518200730.jpg

石です。 今回の僕がイメージするレイアウトには欠かせません。
ちなみにアクア初心者の僕には”石を買う”ということにどうしても違和感を感じずにはいられず、
写真にはなんかソレっぽいものが並んでますが、全部そこらへんで拾ってきたものです。
(一応、一週間ほどバケツに浸けて水質変化をみて問題の無かったヤツ)

石を買うって・・・   石を買うってなに!
(アクアリストじゃない人はみんなこう言います)(あれ、僕は?)

ま、ま、ま、まぁ! 気を取り直して準備を再開しましょう。 話が進みませんからね。

CA340003.jpg

さぁ、ブログを始めて早幾年(経ってない)、やっとこさ登場しました初水草!
南米ウィローモスです。 定番で良い感じの苔ですよね。
コチラを用意した石に活着させたいと思うのですが、
普通なら木綿かなんかの糸でグルグル巻きにして水槽に沈めるんですってね。
調べたら書いてありました。

だがしかし、現在の水槽にはヤマトが5匹。 コイツら、モス食うんじゃない?

折角の作業が水の泡になる様を目の前で見てられるほど僕は精神的に強くないので、
僕は室内で活着させる方法を選びました。

先ず、石に千切ったモスの葉を適当に乗っけて水で十分に湿らせ、ビニール袋に突っ込み密閉。

CA340002_20080518200749.jpg

ソレを日当たりの良い出窓のカウンターに置いて活着してくれるであろう日まで放置。

CA340004.jpg

これでモスプランターの完成。 うーん、僕好みの手軽な方法です。
まぁ、僕なりの方法なのでちゃんと活着してくれるかは保障できませんが。
ってか南米モスって活着力が弱いんですよね?  む、  無理っスかね?

と、とりあえず、水質が安定するまではこのまま様子を見てみようかと思います。

あー、水槽が理想のレイアウトになるのはいつの日になることやら。。。

まぁ、 気長にいきましょうかね。


にほんブログ村 観賞魚ブログへ ←観賞魚BLOGリンク
30×30 | コメント(4) | トラックバック(0)

現在水質調整中!!

2008/05/17 Sat 23:27

水を入れた新規の30×30水槽




古来より人は自然とともに生きてきた・・・
いや、 人は自然の一部だった。

しかし、いつしか人はその道から外れ、
その末に今我々は立っている。

確かに人は、より安全で快適な生活を保証されたかもしれない。


でも悲しいかな人は無いものねだり。

我々はまた、自らの手で無くした自然を欲するようになった。


と、まぁ、そんな訳で、僕の新しい水槽では”自然”をテーマにしようと思います。

でも皆さん知っての通り、僕はあまのじゃく。
あ、知らなかった人は覚えて帰って今夜 僕の夢を見てください。うなされれば良い!

だから僕は僕らしく、”自然”を敢えて「枯山水風」に表したいと思います。思いました。

枯山水とは、石や砂などにより山水の風景を表現する庭園様式のことですが、
つまりは、人工的に 身近に自然を表そうとした古人の手法な訳ですよ。たぶん。 ・・・僕が思うに。


と、言う訳で!
現在、枯山水風の水槽を色々と思案中です。

さて、どうしたものか。


にほんブログ村 観賞魚ブログへ ←観賞魚BLOGリンク
30×30 | コメント(4) | トラックバック(0)
次の水槽の準備は着々と進んでおりますが、
お待ちいただく間、うちの愛らしいコリドラス達の日常風景をご覧いただきましょう。

先ずはお食事風景です。

PA0_0002 (2)


ウチのコリ達は大変お行儀がよいので、キチンとお皿で食事をとります。

「お皿で」と言うか、お皿の上で食事をとります。
「とります」と言うか、あと一歩で自分達も食事の一部になりかねません。 愛らしいですね。

それでは食後の彼らの風景をご覧いただきましょう。

PA0_0001 (4)


おおっと!!

ここからはこのブログをご覧になっている全国の良い子に配慮して一部編集してお送りいたします!

PA0_0001-(4)2.jpg


そんな訳で本日はとても仲睦まじい我が家のコリドラス達をご覧いただきました。
次回はいよいよニュー水槽が始動か!? お楽しみに!


にほんブログ村 観賞魚ブログへ ←観賞魚BLOGリンク
--- | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。