スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
30×30にパイロットとしてヤマト5匹を投入。
なんとか全員無事で、これからの水質安定に一役買ってくれそうです。



よし、水質のことはヤマトに任せて僕は水槽レイアウトの準備を進めよう。

ちなみに僕は今回の水槽で水草に初挑戦しようと最初から決めていました。
でも色々と調べていくうちに少しずつなけなしの自信を削がれていきまして、
気付けば僕には「・・・まぁ、最初だし、簡単そうなの単独で育てるくらいでよくね?」程度の自信しか
なくなっていました。 なんか気付けばプライドとかも一緒に削がれてしまった気がします。オヤ?

さ、さ、さ、さぁ! 気を取り直して準備を進めましょう。

CA340001_20080518200730.jpg

石です。 今回の僕がイメージするレイアウトには欠かせません。
ちなみにアクア初心者の僕には”石を買う”ということにどうしても違和感を感じずにはいられず、
写真にはなんかソレっぽいものが並んでますが、全部そこらへんで拾ってきたものです。
(一応、一週間ほどバケツに浸けて水質変化をみて問題の無かったヤツ)

石を買うって・・・   石を買うってなに!
(アクアリストじゃない人はみんなこう言います)(あれ、僕は?)

ま、ま、ま、まぁ! 気を取り直して準備を再開しましょう。 話が進みませんからね。

CA340003.jpg

さぁ、ブログを始めて早幾年(経ってない)、やっとこさ登場しました初水草!
南米ウィローモスです。 定番で良い感じの苔ですよね。
コチラを用意した石に活着させたいと思うのですが、
普通なら木綿かなんかの糸でグルグル巻きにして水槽に沈めるんですってね。
調べたら書いてありました。

だがしかし、現在の水槽にはヤマトが5匹。 コイツら、モス食うんじゃない?

折角の作業が水の泡になる様を目の前で見てられるほど僕は精神的に強くないので、
僕は室内で活着させる方法を選びました。

先ず、石に千切ったモスの葉を適当に乗っけて水で十分に湿らせ、ビニール袋に突っ込み密閉。

CA340002_20080518200749.jpg

ソレを日当たりの良い出窓のカウンターに置いて活着してくれるであろう日まで放置。

CA340004.jpg

これでモスプランターの完成。 うーん、僕好みの手軽な方法です。
まぁ、僕なりの方法なのでちゃんと活着してくれるかは保障できませんが。
ってか南米モスって活着力が弱いんですよね?  む、  無理っスかね?

と、とりあえず、水質が安定するまではこのまま様子を見てみようかと思います。

あー、水槽が理想のレイアウトになるのはいつの日になることやら。。。

まぁ、 気長にいきましょうかね。


にほんブログ村 観賞魚ブログへ ←観賞魚BLOGリンク
30×30 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
こっそり
ホームページに注目ブログとして、
紹介されていたのでクリックしてみました。

と~ってもカワイイ、ステキなブログですね。


レスポンス
>由香さん
 どうも初めまして。
 石にお金を出すことに抵抗があるアクアリスト失格者、軸太です。
 どうぞよろしくお願いします。

 とても注目されるようなブログなんかじゃないんスけどね。
 ど、どこで紹介されてたんでしょうか?

 まぁ、カワイイということには一切否定しませんがね。
 ブログってか、僕がカワイイですからね。と~ってもね。
なかなかいい感じの石を見つけましたね~ 上の3つ好きですw
緑の草原が似合いそうな色だな~。

結構落ちてるもんですか?
チョット近所の川原に行ってみようかな。
でも 恥ずかしいな 石拾うの。。。
レスポンス
>くまおさん
 上の3つは今回のレイアウトに使おうと選抜したメンバーですね。
 他にも手当たり次第に”っぽい”ものを拾ってきたのですが、
 それらにも取り敢えずストックとして
 モスを活着させています。想像通りに仕上がればいいなー。

 石なんてそこら辺に転がってますよ。
 だって石ですもん。
 僕なんて川でもなんでもない、近所の公園で拾ってきましたからね。
 でも物によっては水質を変えちゃったり、
 隙間から虫がわいてきたりするらしいので、
 最低でも一週間は水に浸けて置いておく事をお勧めします。
 くまおさんもレッツ現地調達!!w

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。