スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
水槽はキューブガーデン。 フィルターはスーパージェットで、もちろんリリィ パイプ。
照明はソーラーⅠで、全てガンメタシルバーカラーのキャビネットに綺麗に収まってます^^

なんて奴はぁ~ とっとと帰れー!! お百姓様に申し訳ないと思わないのか!!!(意味不明)

そんな訳で今日も元気に貧乏人。 金は無くとも魚は飼えるがモットーの軸太ですコノヤロー。

前回ではタンクに濾過材を詰めて仕切りをするところまで出来たので、
(後に水の流れ方を考えてアクリル板なども仕込みました。写真はないけど)
今回はフィルターの動力部となる水中ポンプを仕込んでみましょう。

早速ですがこれがフィルターの心臓部になります。
タンクの蓋にポンプとか塩ビ管とかジョイントとかをイイ感じに取り付けた物です。(いい加減)

2008-11-09-011.jpg

今回使用したポンプはエーハの1000。 流量調節可能で、最高1010ℓ/時だそうです。
単純に考えればエーハ500フィルターの倍です。 こいつぁスゲーや。

設置前にポンプにはネットを被せます。 詰まり防止と、メンテをし易くするのが目的。

2008-11-10-007.jpg

これをタンクにセットしたら完成。いよいよ水槽に設置します。
タップやらホースやらを繋いだら呼び水開始。 ジャバジャバとタンクに水が溜まってきました。
タンク容量は20ℓ。 ポンプ設置スペースを考えて、濾過材は約15ℓ。 どっちも凄い量です。

2008-11-10-123.jpg

ちなみに右側のは今まで使っていたパワーボックス4500
新しい濾過材にバクテリアが繁殖するまでサブとして使うことにしました。(インペラー抜き済み)

そんで出水側のホースに繋いであるのは以前紹介した ”W.W.MIXER ver.1”の改良版、
”W.W.MIXER ver.2” でございます。 改良版ってか、簡易版?

2008-09-07-011.jpg

前回のが CO2 と O2 両方使えるのに対し、こちらはシンプルにCO2のみの仕様になってます。

と言うのも、
以前作った似非リリィにまた手を加えてみたら、気泡だらけで失敗したにも拘らず
形状が奇跡的に空気を巻き込むような感じになり、高いエアレーション効果が望めそうなので、
ポンプでエアレーションする必要がなくなってしまったからなんです。

いやぁ、奇跡ってあるんですねー (決して狙って出来た訳ではない)






 
DIY (自作) | コメント(16) | トラックバック(1)
コメント
おぉ!とうとう稼働ですね!!
見てくれ云々との話ですが、以前に私がブログで紹介したアイリスオーヤマのオーバーフロー槽と大差ないですよ(笑)
犬小屋族の私たちに、是非とも超安定型小型水槽の実現へ向けた取り組むをお願いしますです!!(爆)
おぉ
ついにですねついに完成しましたね
しかぁしおおきいですね
この水量があれば地震がおきても水不足にはなりませんねww
でもソーラーⅠは絶対にほしいですぅ
キタ、キタ、キタ―(゚∇゚)→!!!
なるほどね~
しかし、20リットルって(汗
これだけ容量があればコワイ物は無いな
元のフィルターを仮にサブに使う気配り・・・・にくいよこの!!(爆
刺激受けちゃうな
よ~し!父も何か作ってみよ~っと
アクアの道って、DIYに通じてるんだな(^^
>タンク容量は20ℓ
なんだってー!
45cm水槽並ですね。
ついでにこの中へヒータを設置できそうです。
軸太さんらしからぬむき出しな感じwww
見た目はこれから手を加えるのかな?それも楽しみ!このぐらいの容量になると濾過材をどうしようか悩むとこですが…オール軽石ですか?

関係ないですけどパワーボックスのホースの美しさに嫉妬wwうちは茶苔まみれ…orz
じゃ、トラバっておきますんでよろしくです!
お~来ましたね~!!
なんとも医療器具チックでいい感じ!!
そもそもトライする精神がカッコいいです!!
続報期待してます!
またまた面白い事してますねー!
ポリタンクならたしかにお安く、ろ材たっぷり入りますね。
ろ過容量ならオーバーフローと同じくらいありそうですね^^
キャビネットの自作といい軸太さんは凄いなー。僕は簡単
なDIYしかできないので、本格的に色々自作する方は尊敬
しちゃいます!!
パワーボックスがサブってスゴいっすねw
次のエントリで水槽の様子が公開されるのかなぁ?
そっちも楽しみにしてます!
こんばんはぁー
うあぁっぁ。。にじゅうりっとる。
うちのメイン水槽より水量があるんですね。(汗
流量の調節ができるというのが魅力的です。
濾過容量超UPに流量調節で苔も出にくくなりそうですね^^
これは凄いろ過能力を発揮しそうですね^^
ある意味OF的なろ過層ですもんね
ポリタンクが外部フィルターに変わるとは
DIY王子と呼ばせていただきますw
こんばんは。
ポリタンクもポリタンクとして見ないと結構かっこ良いですね。
パイプとかが綺麗にセット出来ると悪くないと思います。
この蓋はナットのように回して装着ですかね?だとしたら脱着が少し面倒そうですね。
コードもあるのに上手く作れましたね、後は耐久性か。
いいですね~
白い無機質な感じがSo cool ですよw

呼び水はどうするんでしょうか?
お口でチュ~?w
外部フィルターまで作ってしまうとは!!
しかもろ過材15ℓとはもう何をいれても問題なしですね♪
稼働具合のお話楽しみにしてます
この大型フィルターは素晴らしいですね~!
いとも簡単に作ってしまいましたね!
簡単に見えるのはきっと軸太さんの腕のせいですねw
あぁ~僕にももっとDIYのスキルがあれば・・・・・_| ̄|○ ガクッ
おおー!
蓋にいい感じに・・・って、ほんとジャストフィットですね!
買ってきたのか?!って思うくらいきれいです(●´ω`●)
あとは、例のオリジナルステッカーを貼れば完璧ですね!
タータさん
そうっスね、見た目よりも先ずは性能!そして値段!!(これ大事)
これで濾過能力が上がれば、是非ともタータさんにもお勧めしたいと思います^^


カ| ぉすXさん
水量は水槽内の水も含めれば常時8~90リットル!
これだけあれば地震の水不足も火事も怖くない! え!?w


TNの父さん
やっぱ立ち上がるまでは元のフィルターも必要かなーと思って両方繋いじゃいましたw
父さんのDIYは僕には考え付かない上に、マネもできなさそうな高度な物ができるので好きです^^


lcysさん
ちょっとした小型水槽だったら水槽内より多くなりそうですw
でも所詮は安価ポリタンクなので、肉が薄く、ヒーターはちょっと怖い^^;(溶けそう)


Leeriさん
見た目はまたキャビネットを作って隠す案が最有力候補ですw
濾材は基本軽石で、立ち上がりの補助に元のフィルターのパワーハウスを一袋入れてます。
ちなみにホースはこれを機会に、全部新しいのに変えてます。元のは…(笑)


ドンコ将軍さん
清潔っぽい白と青のカラーが確かに医療器具っぽいかも?w
見た目はともかく、性能には僕も少し期待してるので、我ながら頑張ってくれ!!^^


m_i4762さん
今回は前々からあった案にピッタリ合う材料が見つかりました!^^
あまりクオリティは高くないですが作ることも楽しんでやっております。
失敗もまた楽しみの一つ!ってことでm_i4762も一緒に如何でしょう?w


mauさん
いやぁ、折角安定してるのに、外して洗っちゃうのが勿体無かっただけだったり^^;
60cm水槽については一度手を加えてからまた公開したいと思ってます^^お楽しみにー


tsuchionさん
キャビネットで隠せる環境にあれば、こんなフィルターも案外お勧めですよ?^^
水量を確保できるので、小型水槽にこそ!お勧めしたいです。先ずは僕が実験台ってことでw


killer-pinkさん
どうもどうも、DIY王子です(どーん)w
一度はやってみたいOFですが難しそうなので、一先ず自分なりに
簡単なのを作ってみました!って感じでしょうか?^^ 今後の濾過能力に期待!


august999さん
どうもありがとうございます。そういってもらうことで自分でもかっこよく見えてきましたw
蓋の着脱は僕も悩んだのですが、ポンプスペースを広く取ることでなんとか解決しました。
耐久性については… 僕が実験台になるってことでww 見守ってやってください^^


くまおさん
どうもあとーんっス!!^^ 思ってたよりもタンクの評判が良いのが驚きですw
呼び水? 当然、伝統的なあのやり方ですよ。エーハの説明書のあれねw チュー!


genchikenさん
これだけの容量で苔が出るようならもう諦めて定期的に掃除するしかないですねw
稼動具合は一先ず良好で胸をなでおろしてます^^ 水流調整も融通利いて案外使える!


hirojetさん
いやいやいや、実際にかなり簡単な加工しかしてないんですよ!これ!
hirojetさんも近々60cmが始まるとのことなので、是非一度お試しあれ!w


awapukuさん
どうもありがとうございます。なんとなく収まるとこに収まったかなーと言った感じですw
ステッカーはまた新しいデザインができたので、いずれ公開しますね^^
キリが良い5万ヒット時に数名にプレゼント予定ですので^^

管理者のみに表示
トラックバック
散水濾床法、接触酸化法、回転円盤法…産業で用いられる実践的な手法の原理を解説!脱窒フィルターは自作できるのか?!自作マニア必見!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。